インターン

一般社団法人Kumaeがカンボジア、シェムリアップで行っている

バナナペーパー事業
教育事業(日本語学校)
ツアー事業

のお手伝いをしてもらったり、Kumaeというフィールドを使って、自分のやりたいことを実現してもらいます。

少し環境を変えるだけで、人は変われます。
少しの後押しで、人は挑戦することができます。
少しの我慢で、人は大きく成長できます。

「あなたのやりたいことはなんですか?」

得られるもの

基本的にはインターン生各々が考えたプランを実行していただきます。現地を知り、企画を考案し、アクションまでを一貫して行います。

アクションを起こすということは少なからず失敗するということです。失敗=ダメなことという概念をぶち壊します。

何かを始めるとき、必ずリスクを伴います。失敗から学んできたKumaeのスタッフが失敗した後のフォローアップ・フィードバックを一緒に行います。

日程

年中無休

Kumaeは年中カンボジアで活動している団体なので、基本的にはいつでもインターン生を受け入れております。学生生活の中で部活やバイト、就活など、やることが多い中で自分がどうなりたいのか、何がやりたいのか。悩みようにも、何を悩んでいいのかわからない方、悩む時間すらもない方も多いと思います。思い切って休学して、カンボジアに来てみませんか?就職を一年送らせて、カンボジアでやりたいことをやりきりませんか?

受け入れ期間

一ヶ月〜

基本的には6ヶ月以上カンボジアに滞在できる方が良いですが、学生の長期休みだけ行ってみようかなと思っている方でも大歓迎です!

条件と待遇

条件

✔︎高校生~25歳までの健康でやる気のある方

✔︎カンボジアの文化を受け入れ、共生することのできる方

✔︎原付バイクか自転車に乗れる方(カンボジアの交通ルールや乗り方などは5日間みっちり指導します。)*バイク貸し出しは大学生以上

✔︎積極的に物事を行える方

待遇

◎日本語を学んでいる生徒とのシェアハウス宿泊

◎簡単なカンボジア語講座

◎5日間のKumaeの事業講習

◎悩んだ時の話し合い(夜中・朝方まで付き合います。)

インターン費用

69,000円

航空券、ビザの取得は各自でお願いします。(3ヶ月以上滞在の方のビザは別途手配のお手伝いをいたします。)

その他生活費、交通費などに関しては含まれておりません。
過去のインターン生を参考にしてください。

代表挨拶
山勢拓弥

「リスクを負うことで、選択肢が広がる。」
日々、失敗することを恐れて、新しいことへの挑戦をせずに生きていませんか?
事業立ち上げ時、貯金20万円から2ヶ月であっという間に貯金ゼロへ。それでも僕を突き動かすもの。お金はないけど、時間とやりたいことはたくさんある。インターン生活の中で一番大事なことは「恐れずに失敗すること」です。お会いできるのを楽しみにしております!

過去インターン生
福澤和樹

大学:武蔵野大学2年生
期間:2016年8月中旬〜9月中旬(約1ヶ月)
費用:6万(移動費含む)

学んだこと

正直学んだ事は何かと言われると自分の拙い言葉では表現しきれません。笑
それは日々学びの連続で僕自身のキャパをはるかに超える刺激が毎日あったからです。ただ一つ特にあげるとするならば世界がいかに広いか、己の視野がいかに狭いか、痛感させられました。目に入るもの、感じるもの
味わうもの、香るもの
全てが日本と異なります。その経験を経て、日々の生活で自分が偏った物の見方をしたり、決めつけてかかったりしないか自分を俯瞰して見る事ができるようになりました。
今では日本の何気ない生活の中でも新しい発見が時々あります。それでもまだまだ狭い視野ですので、広げられるように鍛錬の毎日です!ほんといってよかったぁ 笑笑

迷っている方へメッセージ

経験をするのに大義名分なんていらないと思いますし、動機なんて不純でもいいんです。ただ自分のやってみたい経験してみたいという気持ちに素直になるだけです。一歩踏み出す出さない。たった一歩の差ですけど、そこの差は天と地ほどの開きがあります。
現場に立った時、そっからがスタートです。
まずはスタートラインへ。

平井葉子

大学:武蔵野大学(法学部政治学科)3年生
期間:約1ヶ月
費用:4万円くらい

学んだこと

1ヶ月間、Kumaeでのインターンを通して学んだことは「ここで求められているのは支援ではなくビジネスだ」ということです。
私は、カンボジアに行く前「利益を生むことよりも大事なものがある、たとえ利益が出なくても“寄付”や“熱い想い”で成し遂げられることがあるはずだと思っていました。しかし、実際に現地の人と出会って一緒に活動していると、「もしこの活動が寄付で成り立っていたら、その寄付が途絶えた時この人たちはどうなるだろう」「ボランティアの熱い想いが冷めてしまったらどうなるだろう」と感じました。“お金”がなければなにもできない資本主義社会において、より多くの人を雇うためにより多くの利益を得なければならず、その為にはより多くの人が買いたいと思う商品をつくらなければなりません。1ヶ月間様々な場面で、このサイクルをつくることの難しさを実感しましたが、このサイクルこそがKumaeの活動を支えていると強く思いました。

迷ってる人へのコメント

Kumaeでのインターンは簡単なことばかりではないからこそ、その後の様々な場面で自分の選択や行動に自信がもてるようになります!
ただ指示されたことをするインターンではないので、考える力やそれを行動に移す力は必ずつきます!!

清野友佳

大学:武蔵野大学2年
期間:約1ヶ月
費用:250ドルくらい

学んだこと

拓弥さんやカンボジアの方々、kumaeのツアーに参加した学生のみなさんなど様々なバックグラウンドを持つ人たちと接したことで、捉え方の違いでこんなにも考え方が変わるんだということを実感しました。また、1ヶ月の活動を通して、”やりたいことをやる”ということは簡単なことではないけれど、やりたいことを実現するために関わっていく仲間や積んでいく経験は自分を大きく成長させるということを学んびました。自分のやりたいことに夢を持って一生懸命になること、アクションを起こしていくことが大切だと感じました。

迷っている人へ

短い期間でも必ず感じること、得られることはあるはずです。自分の気持ちの変化が感じられるし、私は自分の意見や行動に自信が持てるようになりました。自分が今何をしたいのか、何をしたらいいのかわからず悩んでいるひとには特に経験して欲しいです。不安がある人、迷っている人は短い期間からでもその挑戦が大事な一歩になると思います!

熊谷暉一

大学:武蔵野大学2年
期間:約1ヶ月間
費用:5〜7万円

学んだこと

カンボジアの事はもちろん、行動力や生きて行くために大切なこと。

迷っている方へ

迷ってるなら思い切って行く

原田周

大学:上智大学2年
期間:2/1-3/28
費用:10万(バイクや携帯、病院代を含む)

学んだこと

僕が2ヶ月のインターンで学んだことは、「あえて失敗してみること」です。それは、失敗を恐れず、一歩踏み出すことで自分が一番成長できたからです。カンボジアという日本とかけ離れた環境では、何かをするたびに壁にぶつかり、全てが上手くいかず精神的に落ち込んだ時期もありました。しかし、それは失敗することを恐れていたからでした。
日本の社会では、失敗を避けて通るレールが準備されている場合が多いです。しかし、人生うまくいかないことだらけです。それならば、どれだけ失敗しても成功するまで挑戦し続けることが必要なのではないでしょうか。
遠回りをしてでも挑戦して失敗できるという経験は、Kumaeだけでしか得られないものだと思います。

芦田陽一朗

大学: Carleton College2年(休学中)
期間: 3週間 (2/1-2/20)
費用:25,000円くらい

学んだこと

できるかわからなくても、まずはやってみること。
もう1人のインターン生、あまね君と僕はバナナペーパーを作るのに必要な機械を新しく建てる予定でしたが、誰も正確な設計図を持っていない状態でした。資材屋のおじさんに教えてもらった「ここから60kmくらい行ったところにあるって聞いたことがある」という噂のような話を頼りに実際にそこまで行くと、「それなら知ってるけどここから60km行ったところにあるよ」と言われ、半信半疑ながらもさらに60km進むと、そこにはお目当ての機械がありました!その時の感動は何にも代えられません。
「AをしたらBが得られる」というものしかやってこなかった自分にとって、結果が確実じゃなくてもやってみて、自分の手で掴み取る、というのはKumaeでのインターンを通じて得た大きな学びでした!

迷ってる人へのコメント:

毎日が刺激的で楽しいです!自分の世界を広げるためにもぜひ!

中野碧

大学:武蔵野大学二年生
期間:三週間
費用:約六万

学んだこと

〝誰かのため〟ではなくて〝自分のため〟に生きることが本当に楽しいということはすごい悲しいんですけど、人の為って書いて〝偽〟になるんです。誰かのために何かすることを偽善だとは思いませんし、素晴らしいことだと思います。ただ、自分のために楽しく生きることこそが本当に幸せなのだと私はこの三週間で学びました。

迷っている方にコメント

迷っている時こそ、闇雲に動いてみてください。こういう時期には確固たる信念も、明確な理由も必要ないと思います。
実際私も、期待なんかよりずっと迷いばかりを抱いたままシェムリアップ空港に到着しました。でもやっぱり、実際に行ってみて気づいたこと、学べたことは本当に計り知れないです。私もまだ気づいていない潜在的なことが私の中にまだ隠れている気もします。本当に「行ってよかった」の一言に尽きます。
〝自己満足〟ってネガティヴな意味で使いがちな言葉です。ただ、自分の人生、一度きりの人生、満足したいじゃないですか。良い意味の我儘でいいんです。良い意味の我儘って向上心のある我儘のことだと私は考えます。向上心のある我儘だったらKumaeは付き合ってくれます。安心して内なるものを暴れさせに来てください。

積 姫南杏

大学:武蔵野大学2年生
期間:24日間
費用:約8万

学んだこと

自分を好きだと言えること。
大勢を前にして、「私は、私が好きです。」と声にできますか?インターンを終えた今、心から自分が好きだと思えるようになりました。欠点を知ってる自分は強いんです。向き合えている自分に誇りを持ってください。体を鍛える、素敵な趣味をはじめる、それも良いと思います。ですが、これを読んでくださったのも何かの縁です。Kumaeで、ここでしか出来ない”自分磨き”始めませんか?

迷っている方へ

自分が自分で生きることこそ人生。
もっとラフに生きて良いんです。Kumaeでは、周りのしがらみにとらわれず、自分で選択し、行動するクセがつきます。バリバリ働くもよし、怠けるもよし?笑 自分のペースで、求めてる答えに近づけるんです。自分の人生です。何をするにも責任が伴います。どうせなら、自分だけの気持ちいいものにしちゃいましょう!

・朝8時くらいに起きて、屋台で朝食をとり、仕事に向かう。工房では心温かい村の人々が作業を始めています。日本語学校の生徒は、家の手伝いをしながら日本語の勉強をしに来ます。おしゃべりが大好きな子、しっかり者で頭が切れる子、恥ずかしがりな子様々ですが、笑顔溢れる教室です。夜はシェアハウス屋上にて、無料のプラネタリウムを。ここに書いたのは私のスケジュールのほんの一部分です。拓弥さんは私みたいな何の取り柄もない学生の話を聞き入れてくれる代表です。日本が好きな人、日本に飽きた人、日本で路頭に迷っている人、みなさん乗せられちゃってください。自分のスタイルを見つけちゃってください!

村井優子

大学:神田外語大学2年生
期間:1ヶ月
費用:約5万

学んだこと

インターン中に感じていたこと…正直これを書いている私はインターンをしていた2018年の夏休みから1年後にいるので、その時の気持ちや自分の状態をはっきりとは思い出せません。
ただ、1年前に何となく書いていた日記を振り返ってみると、インターン期間中は、非日常の出来事とのたくさんの出会いに驚き、わくわくし、キラキラしてたまには悩んだり泣いてたり…そんないろんな感情を持った私がいました。

カンボジアにいたそんな1ヶ月間は、そんな毎日についていくのに必死で自分を何を感じているのか考えるヨユウなんてなかった気がします。だから、日本に帰ってから自分の中で起こるたくさんの変化に本当に戸惑いました。めっちゃ悩んだこともありました笑

だけど、ある時そんなにもコワイと思っていた変化を受け入れて、楽しんでいる自分に気がつきました。何がきっかけだったかはわかりません。ただ、そのきっかけの要素の中にKumaeでの経験があるのは確かだと思います!今までは正しいこと、そう思った(思わされた)1つのことだけをずーっと信じていましたが、カンボジアでの1か月で心や身体の中で起こる様々な変化を自分もユラユラ揺れながら受け入れられるようになりました。今はいろんな変化をする自分が私自身もおもしろいなと思って見てます。これからが楽しみです!

金子知弘

社会人
期間:1ヶ月
費用:約10万(遺跡観光費、日本食レストラン代含む)

「自分を成長させる環境を与えてくれるkumaeのインターン」

僕がクマエのインターンに行こうと思ったきっかけは、拓弥さんのことを紹介していたインターネット上のある記事でした。
“大学を1年で中退後カンボジアへ!バナナペーパー事業を立ち上げた…”
たしかこんな記事でした。気がつけば拓弥さんのもとへ行ってました(笑)そんな感じで、僕のインターン生活は始まったわけです。
クマエでのインターンでは「インターン中にこれをしなければいけない!」というのが決まっていません。自分のしたいと思ったことを自由にできます。しかし、自由にできるからこそ悩み壁にぶつかることも多々あるかと思います。
「自分はクマエで何がしたいんだろう?」、「また失敗した」、「自分もクマエに何か残さないと」こんなこと考えてしまうかもしれません。でも、僕はそんなこと関係ないと思います。
何かを残したからその人は凄いだとか、何も残さなかったから他人と比較されるのは仕事と同じだと思います。人それぞれ参加する理由は違うと思いますが、
自分を成長させたかったり、何かきっかけを見つけたかったりと単純なものだと思うんです。だから、自分の中で何か感じたこと、成長できたと思えるものがあるならばそれでいいと思いませんか?
僕が約1ヶ月半のインターンで行ったことは、クマエの看板作りと日本語学校での授業でした。決して何かクマエに残せたとは思っていませんが、カンボジアのゴミ問題や教育問題、クマエの工房で働くスタッフたちの想いなど、インターン期間中さまざまな事を感じ、さまざまな場所にも行けました!
自分の考え方も変わり、成長できたとも思っています!

インターンに参加しようと考えている方は、短い期間でもいいので一度参加してみるといいと思います。きっと何かを掴むきっかけであったり、自分自身を成長させる環境をクマエは提供してくれます!

最後に、インターンに参加するなら誰かと一緒に参加した方が寂しくないです(笑)

皆さんとクマエのイベントなどで会えるのを楽しみにしています!!
それでは!

宋宏樹

大学:大阪大学
期間:2ヶ月

「“動く”ってムズかしい」

自分から動いてみるってムズかしい。良くも悪くもkumaeのインターン生は自由で、これをしろ、あれをやれっていうのがほとんどない。せっかくカンボジアのこんな場所までやってきて、何をするのか?それは何のために?どうやってするの?
いろんなことを考えさせられる。

日本にいると、あまり考えなくてもいろいろやることがやってきて日々の忙しさに追われて忘れがちだけど、カンボジアの空の下、一度じっくり時間を使って考えてみる。ときには立ち止まってもみる。
思い切って一念発起してみたり、やっぱりナシだと失敗する。
そんな環境が、カンボジアには、kumaeにはある!!

河合慶祐

大学:早稲田大学4年(9月卒業)
期間:1ヶ月

「新たな発見」

僕は、旅行に行くことが大好きです。観光客が多い人気スポットを巡るのも楽しいですが、旅行の醍醐味はやはり何といっても現地の人と触れ合い、現地の生活、文化や価値観を肌で感じることではないでしょうか。なぜなら、それは自分の新たな引き出しになり、自分の視野が広がることを意味するからです。視野が広がると、世界の見え方が変わります。いや、もっと正確に言うと今まで見えてなかった世界に目が行くようになります。

Kumaeでのインターンは、そんな旅行の醍醐味をぎゅーーーーーーーっと凝縮した毎日でした。
終わってみれば、温かいシャワーの見方もバナナの見方、ゴミの見方、富の見方と様々なモノの見方が変わっていました。
Kumaeという組織が、心のHomeになっていました。
皆さんも是非インターンに参加して、新しい世界を見てみて下さい!!

倉橋勇太郎

大学:早稲田大学4年(9月卒業)
期間:1ヶ月

「フラットポーチ(S)」

あの小さなポーチには、僕は小銭と鍵くらいしか入らないと思っていました。
あとカードかな。でも1ヶ月過ぎると、

バイク、星、赤土、クイティオ、バイサーチル、笑顔、出会い、シェアハウス、家族、経験、体験、工房、考え、ごみ、TEMPLE、剥がれないシール、サーカス、カラオケ、アポイ、テビ、タタ、アキ、イシコ、アロワ、アイアン、アヘン、チャンナー、工房のみんな、ハッピー、クツシタ、ソチア、シンハイ、キノコ。サッカー、サッカー、サッカー、サッカー、Ashi、バナナ、Kumae、サッカー。そしてチョイチョイと沢山の思い出。

カンボジアから帰って見るとフラットポーチ(S)にはこれと、これ以上のものが入っていました。
Kumaeを通して僕はこの小さなポーチの見方から人生の生き方まで、考えや視点が増え、心の拠り所を見つけたと思います。僕のフラットポーチの中身には意味が分からないものもあるでしょう。言葉では表しきれないものもあります。でも行ったらきっと増えます。

フラットポーチ(S)には鍵と小銭とカードくらいしか入らないと思っていませんか?
大人用のママチャリ1台で小学生3人が通学できるわけがないと思っていませんか?

レッツKumae!
レッツバナナ!

粟野将伍

大学:日本大学4年
期間:1ヶ月

学んだこと

初めて行ったカンボジアでは、
カンボジアの人のあたたかさを知り、自分の無力さを知りました。悔しかった。でも、そう思うことができてから、カンボジアの人や文化について深く知りたいと思った。
新しいものや便利なものが本当にカンボジアの人たちのためになるのか?
人を思うこと、人のためになることって案外気付かずに自分の自己満足によって終わってしまうことが多くあると思う。
物事の本質を捉えることは非常に難しい。
しかし、本当に人のことを想うことはその物事の本質の先にあると学んだ。
「継続」「客観的思考」「行動力」

旅はまだ続く。
旅先に新しい出会いがあるから。
そこで新しい価値が生まれるから。

柚木菜々子

大学:東洋大学2年
期間:1ヶ月
費用:5万

「環境のありがたさ」

私は1ヶ月のkumaeインターンでバナナペーパーでの紙ストローの政策に取り組ませていただきました。
最初は何から手をつけたらいいのか、全く見当もつきませんでした。しかし、たくやさんやカンニャさんをはじめとするカンボジアにいらっしゃる多くの方々が背中を押してくださり、一歩を踏みだすことが出来ました。
一人ですぐ踏み出せなかったところは自分の弱いところだと痛感しましたが、今回のインターンでやりたいことを「やりたい!」と自分の口から直接伝えて実践できる環境のありがたさを感じました。
1ヶ月のカンボジア生活で不安も多々ありましたが、とても毎日が充実していて楽しむことができました。

遠藤明日香

学校:鎌田女子高校
期間:17日間

「インターンを終えて」

「何かに取り組んでみたい!」、「あれをやってみたい!」をkuameのインターンでは全力で応援し、サポートしてくださいます!
私は、将来日本語学校の教員を目指しているので、色々な経験ができる中で、日本語の先生をやらせていただきました!!
インターンでは、高校3年生(冬)だった私には先生になりきることが出来るかと言われると不安がありました。
しかし、日々生徒達とコミュケーションを取り授業をする中で大変だった毎日が終わるとやりがいを得ることが出来ました!また、挫折していた私に言葉をかけて頂き、支えてくれた方の背中ははるかに大きく偉大でした!!全力投球で始めた日本語学校も楽しく、時には難しく逃げ出したいと考えることがありました。
逃げることは簡単だがここで突き進むことは簡単ではなく自分の成長に繋がる!そう思ったときに、あらゆる形で将来の私に役立つと決心しました!
是非、インターンをやってみたいけど迷っている人、また考えている人は勇気を出して一歩踏み出してみて下さい!
その先がきっと新たなスタートが待っていると思います!!