日本語学校

2013年8月から開校した日本語学校。

初校では90名以上の生徒が集まり、勉強していましたが、村から本気でガイドを育成・村のリーダー育成を目指し、スパルタ教育を行いました。結果、現在14名の本気の生徒だけが残り、勉強しています。日本へ10日間の社会見学、日本語検定4級に合格など経験と結果を積み上げて、現在も日々精進しています。

学校概要
アンケート

2013年7月ゴミ山で「将来の夢はなんですか?」アンケートを実施。医者、先生、農業、ゴミ拾いの4つの選択肢しかなかった。

選択肢

選択肢の幅を広げるきっかけになればと思い、2013年8月に日本語学校を設立。当初、80名以上の生徒が集まったが、村のリーダー・日本語ガイドを本気で育てるために、スパルタ教育を開始。

日本へ

2014年7月に先生1名、生徒2名を日本へ招待し、学校を中心に4つの県を訪問し、社会見学を行った。

2015年に先生が日本語ガイドの免許を取得。生徒の中には日本語検定4級を合格する者もでてきており、結果を積み上げている。

ギャラリー
シェアハウス

Kumaeで住む場所を提供

子どもたちが安心して町で生活できるように、そして親が安心して送り出せるように、2017年にシェアハウスを建設しました。また、継続して日本語を勉強できるように日本人インターン生などと共同生活をし、日本の文化なども学んでもらいます。