Kumae New Logo

Kumae New Logo

Kumae新しいロゴが完成しました!

 


当時学生団体Kumaeの副代表をしてくれていたガースーことそがっちの知り合いが作ってくれたロゴを心機一転、新しくしました!

Before

After

 

前のロゴも気に入ってはいたものの、ゴミ山から抜け出す天使を日本語学校の生徒ソチアをモデルに作ったものでした。もちろん企業コンセプトやモノづくり、ひとづくりの大きな背景となっているのは「ゴミ山」ですが、今後のKumaeがやっていきたいことにもっと想いを込めてロゴを作りたいと思い作りました。新しいロゴのデザインはもちろん、Ashi Paper Journeyでおなじみデザイナー北山さんです。

ロゴに込めた想いとしては大きく3つあります。

1、色
2、動き
3、ロゴを構成するひとつひとつの要素


1、色はカンボジアの国旗カラー、バナナ、光と闇
カンボジアでの活動は大きく分けて2つに分けられます。モノづくりとひとづくりです。

バナナペーパー、Ashiやインターン、僕も含めKumaeスタッフはカンボジアというフィールドで成長してきました。ロゴにはカンボジアの要素を取り入れたいと国旗カラーが入っています。

また、バナナに関する事業が多いということもあり、バナナカラーを取り入れています。

光と闇という色について

モノづくりは一見すれば、新しいものを作るということで、「光」と捉えることができますが、一方でモノをつくれば、それはやがてゴミになります。「光」である世界遺産アンコールワットの裏側にも、観光客や現地の人が出したゴミが、認知できないところに運ばれ「闇」となっています。世界的にも問題になっている環境汚染はゴミ問題が大きく関わっています。カンボジアではモノの最終的な墓場がゴミ山なんだという認識をモノづくりをする上で忘れてはいけないとロゴに色として刻み込みました。

2、動き
フレキシブルさと時代の変化に億劫にならないというポテンシャル

時代は変わります。1日、1時間、1秒ですら良くも悪くも世界は少しずつ進みます。
小さな変化にもフレキシブルに対応できる、また変化にビビらないという想いをロゴの動きで表現しました。

3、ロゴを構成するひとつひとつの要素

一般社団法人Kumaeの理念「一人一人がやりたいことを実現できる環境づくり」は代表山勢が関わっているカンボジア人やスタッフの家族、ツアーに参加してくださるお客様、インターン生から影響を受けて、Kumaeの理念として掲げることになりました。

メディアなどで取り上げられるのは、わかりやすく僕だけという形が多いのですが、僕のパートナーのカンニャを始め、日本で仕事をしながらもオンラインショップやイベントごとでKumaeを支え続けてくれている折目、モノづくりをしているバナナペーパースタッフ、過去インターン生、デザナーとしてだけでなく、相談役としてもお世話になっている北山さん、年間会員になってくださっているサポーターの皆様のお力でKumaeは成り立っています。

そんな想いを表してくれているのがロゴを構成する小さな三角形ひとつひとつです。

※ホームページのロゴ更新も行いますが、少々時間がかかってしまうかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

山勢拓弥

Leave your thought