インターン生 あいりのインターン感想

第5期 インターン生 あいりのインターン感想

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

【Kumaeインターン体験記】

 

インターン生
インターン生

カンボジアでの1ヶ月間は長いようで短く、本当にあっという間でした。

私はもともと「国際協力」に興味がありましたが、渡航直前にそれがわからなくなってしまいました。そこでインターンを取りやめようかとも悩みました。ただ、どうせ悩むなら動きながら悩もう!と思い、私にしては珍しく思い切ってカンボジアへ来てしまいました。

結論から言うと、カンボジアに来てよかったです。

「国際協力」に興味があるかはわからないけど、自分の足が趣くままに生きていられたら私は幸せだということと、カンボジアは私にとってはすごく住みやすい場所だということがわかりました。

前半の2週間はツアーのアテンドであっという間に過ぎていってしまいました。ただ、もしここでインターン期間が終了してしまったら「自分は一体何をしにカンボジアまで来たんだろう」と思ってしまうほどモヤモヤしていた日々でした。

それから後半の2週間が始まりましたが、始まったその日からまさかの拓弥さんが大怪我で入院してしまいました。それに伴いインターン生の動きも多少制約されたため、物理的な動きの少ない分、自分と向き合う時間はたくさんありました。その中で自分の無力さを盛大に感じつつ、カンニャさんや周囲のサポートのおかげで少しずつ心が柔らかくなり前向きになれ、最終的に行き着いた結論が先に述べたことでした。

インターン期間通して私がKumaeでやったことは ・ツアーのアテンド ・店舗の店番 ・ごみ山資料館の展示の案出し ・寄付者拡大について対策を考案(現在進行形) くらいなので、Kumaeにどう貢献できたかはわかりませんが、私的にもKumae的にもいつか巡り巡ってプラスに作用する時が来たらいいなと思っています。

そして、あまりにもカンボジアでの生活の居心地良さと収まらない好奇心から、海外滞在を延長してアジア圏を旅することにしまして、今はタイで体験記を書いています。今日の夜インドへ向かいます!

やりたいことがハッキリと決まっている方で、それがKumaeで実現出来そうなら、それを受け止めてもらえる環境は十二分に整っています! やりたいことがあるようでない方は、インターンを通して見えるようになるものがあるかもしれないし、逆に曇ってしまうものもあるかもしれません。それでも曇ったことが少しでも進歩だと前向きに捉えることができるなら、すごく向いている環境だと思います!

↓↓クリックしてくれたあなたの頭上だけ明日晴れます。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

インターンに興味のある方はこちら
インターン募集中!

Leave your thought