【シェムリアップの真さんがクラウドファンディング始めたってよ!】

https://camp-fire.jp/projects/view/98666

自分のことって割と書きやすいんですが、人のプロジェクトって、大事にしてるところとか、アピールしたいところってその人しかわからない部分もあるので、プロジェクトを紹介しようか、真さん自身のことを紹介しようか結構悩みましたが、結局どっちとも紹介しようと思います。

 

僕と真さん

 

真さんとの付き合いはもう彼此2年くらいで、最初の印象はバリカッコいいお兄さんでした。(あとから変態だってことに気がついてからは、ナイトマーケットのお店の前で2人の持ち札がなくなるくらい変態話で盛り上がりました。)

 

適当にやりたくないし、自分でやってみたいということでカンボジア語もできないなかでカンボジア語で会社の資料を作り、賄賂の横行する(してた)税務局に行っては「なんやアイツら、話にならんわ。もう絶対行かへん。」と言っては、次の日にもう一度税務局に行く真さんを不器用な人だなぁという思いで見てました。すごい勢いで会社を立ち上げた姿、泥臭くてカッコ良かったっす!

 

不定期開催の竜兵会、シェムリアップでものづくりをしている経営者たちが寄り集まって傷を舐めあったり、時には傷を更にエグったり、ハタマタ細かい数字を出し合ってアドバイスをだしてもらったりする会なのですが、そこでの真さんの存在感や発言には納得させられたり、驚かされることばかりです!

 

プロジェクトについて

 

最初はアフリカの布でペットの衣服を作るShipposでしたが、「Nobody can take memories away(記憶は誰にも奪うことはできない)」というコンセプトを真さん自身の中から引き出してからは革製品のプロジェクトや銃弾から什器を作るプロジェクトに変わっていきました。

 

街中を歩いているフとしたときにフとした匂いで元カノ/カレのことを思い出す。ご経験されたことのある方は多いんじゃないかと思うのですが、そのコンセプトをものづくりに落とし込みたいと聞いたときはココロオドリました!

 

僕の持論なのですが、

経験以上の説得材料はどんなに細かなデータや統計をもってしてでもありえません。

 

革製品に匂いをつける。
地雷撤去の方々に関するプロジェクト。
真さんご自身と似たような背景をもつカンボジアへの職業訓練学校。

全てが真さんの経験からのプロジェクトです。

「失敗ばかりしている」

真さんと僕が良く話をしてることですが、成功してるって世間的には思われてるかもしれないし(自意識過剰?笑)、生活はギリギリでもできていますが、今でもやることなすこと、最初は全て失敗です。こんなにも学ばないものかなぁと思うほど自分を責めたくもなりますが、僕の人生を100個の玉で表したときに99個は「失敗」っていう玉かもしれません。真さんも同じだと勝手に思ってます笑

誰もやったことがないことをやるってこういうことなんです。

 

もっと詳細を知りたい方はプロジェクト内容をご確認下さい

https://camp-fire.jp/projects/view/98666

Leave your thought